西葛西の歯科医院、スマイルデンタルクリニックのマタニティ歯科をご紹介します。

医療法人社団ティースガーデン スマイルデンタルクリニック

マタニティ歯科Maternity Dentistry

  • ホーム>
  • 診療メニュー>
  • マタニティ歯科

妊娠中は、女性ホルモンの増加やつわりによって、お口の中の環境が変化します。また、食事の量や間隔が不規則になったり、歯磨きがしにくくなったり、生活習慣にも変化が起こります。
これらの変化はお口の健康状態を悪化させるため、妊娠中は普段以上にお口のケアに注意しましょう

クリニックで専門家によるプロフェッショナルケアを受け、ご自宅では適切なセルフケアを実践することで、妊娠中でも健康な口腔内環境を維持することができます。

ご存じですか?「妊娠性歯肉炎」のこと

妊娠期は、体調の変化だけでなく、口腔内にも病変が現れやすくなります。妊娠性エプーリス(歯肉がコブ状に腫れる病気)、妊娠腫、化膿性肉芽腫など、その多くは歯ぐきに発症し、舌、口唇、頬の粘膜に症状が見られることもあります。そして、意外に知られていないのが、「妊娠性歯肉炎」です。実際、妊婦の30〜70%がかかっている病気で、歯周部位が赤く腫れる、出血するなどの症状が現れ、重度になると膿や疼痛を伴うこともあります。
特に、この妊娠性歯周炎は、早産・未熟児出産の確率に影響するので注意が必要です。

早産・未熟児出産の確率は7倍以上

喫煙やアルコールが妊娠にとってリスクであることは、一般的に認識されていますが、最近の研究で歯周病が、早産や未熟児を出産する確率を高めるという事実が明らかになっています。歯周病をわずらっている妊婦は、早産や未熟児を出産する確率が、健康な人の約7.5倍も高いのです。これは、歯周病菌が血液を通して全身に影響を与えるためです。

スマイルデンタルクリニックでは、妊娠性歯肉炎を治すことはもちろん、ブラッシング指導やクリーニングなどで、健康なマタニティ生活のサポートを行っています。お気軽にご相談ください。

妊娠期の歯科治療

「妊娠中でも歯科治療は受けられますか?」という質問をよく受けます。妊娠初期(1ヶ月〜4ヶ月)や出産直前(9ヶ月〜)は避け、時期を見極めたうえで、積極的に受診してください。

レントゲンのX線が胎児に影響を与えるのではないかと心配される声をよく聞きますが、歯科用レントゲンでは、X線防護用のエプロンも着用し、腹部にX線が当たることはないため、問題ありません。

麻酔に関しても同様で、歯科治療での麻酔は、局所麻酔で薬液の量も少ないため、全身に影響することはありません。ただし、過去に麻酔薬でアレルギーが起きたり、気分が悪くなったりしたことがある方は、事前にお知らせください。

細菌の母子感染の予防

誕生直後の赤ちゃんのお口の中には、虫歯や歯周病の原因菌は存在していません。赤ちゃんに歯が生える時期に、身近な大人から虫歯や歯周病の原因菌に感染します。特に母親は、もっとも身近な感染ルート(母子感染)になります。母親が積極的に虫歯、歯周病を治療し予防し、お口の中の細菌数を少なくすることで、赤ちゃんへの細菌感染のリスクを少なくすることができます。

できるだけ妊娠中に、遅くとも赤ちゃんの歯が生える時期までに、虫歯や歯周病の治療を終わらせ、細菌の母子感染を予防しましょう。

平日 10:00~20:30  土・日 10:00~18:30
〒134-0088 東京都江戸川区西葛西3-22-21 KYUビル1F

ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ!
  • ご予約・お問い合わせは
    TEL:03-3804-1675
  • 24時間受付!
    WEB診療予約